Ken's life

まったり日常のことなどを綴っていきます。旅行とか写真とか。

ブログを始める理由

【Sponsord Link】

はじめに

どうも、kenです。

今日もあいにくの雨模様。気持ちが少し重たくなります。

 

アジサイの撮影をするときは、

梅雨っぽい!

と季節感を楽しむことができるんですけどね〜

 

湿気のせいもあり、そうとはいかず。何かそのときそのときを楽しむ姿勢を身につけたいと考えているkenであります。

 

さて、今回はブログを始めた理由と本ブログの方向性について紹介していこうと思います。

ブログを始めた理由

前回の記事でも紹介しましたが、ブログ自体あまり馴染みがあるものではありませんでした。では、なぜブログを始めようと思ったのか?

簡単ではありますが、紹介していきたいと思います。

何か新しいことに挑戦したかった

そのまま!何か新しいことを始めたかったのです。

 

新しいことを始めると自分が知らないこと、馴染みがないことに多く出くわします。挑戦する過程で自分の中に今までにないものが取り込まれていく、自分が新しくなっていく感覚があってワクワクするのです。

 

その過程で、それまでの経験が活きたときには自信になるし、新しいことを取り込めばできることが増えたり、新しい視点が得られます。

 

もちろん、今、現在進行で取り組んでいることで、まず結果を出さないといけないこともあるんですけどね笑 強く結果が求められるときは、それだけに集中したくなることもあります。

 

ただ、それを言い訳にしてはいけないなと思ったのです。同じような目標に向かって頑張っている人は山のようにいる。しかも、その直近の目標というのはあくまで通過点であって、人生のゴールではない。直近の目標で視野を狭めていては、その先に進んだときに周りが見えなくなっているのではないかと考えたのです。 

自分の経験を共有できる場が欲しかった

僕、休みの日に出かけることが好きで、おいしいと聞いた店に行ったり、観光スポットに出かけることが多いんですよ。あと、旅行も好きです。

 

楽しかったー!で終わるのもいいんですが、せっかくならみんなに共有した方がいいのではないか!?と考えたのです。

 

僕の場合、経験のない場所へ旅行に行くときは、ガイドブックやネットで情報を得てから計画を立てるんですが、ルートを決めたり、宿泊地を決めたりするのって案外時間かかるんですよ。計画を立てない人もいますけどね!でも、何せ貧乏性なもので時間をフルで使いたいのです。笑

 

そういうのを共有できれば、同じ場所へ行きたい人の役に立てるのではないかと。自分が楽しんで完結するって何かもったいないじゃないですか!せっかく自分が楽しんだなら、他の人にもそんな経験をしてもらいたいし、そうすれば僕に楽しい経験をさせてくれた人たちへの恩返しにもなるなって!

 

旅行の計画に限らず、こんなお店がおいしかったとか、こんな場所が綺麗だったとか、もっと簡単なことでも読んでる方に新たな情報を提供できば嬉しいです!

アウトプットをする場が欲しかった

普段文章を書くことは多いんですが、自分の専門分野に関わることばかりで、経験で得たことや考えてみたことをアウトプットする機会があまり持てていませんでした。

 

アウトプットをすることで、考えがよりまとまったり、新たな発見が得られることってあるじゃないですか。そういう機会が欲しいなと漠然と考えていました。

ブログだ!!!

そんな中、ネットを徘徊しているとき「そうだ、ブログだ!」と思いついたのです。笑

 

ブログなら自分の経験を多くの人(うまくいけば)に共有できるし、アウトプットもできる。しかも、お小遣いも稼げる(うまくいけば)。笑

記事を書く必要があるので、アウトプットが強制されますしね。継続できるのが前提ですが。笑

 

そして、何よりブログ運営は自分に馴染みがないものでした。

わからないことだらけで今かなりてこずっております笑

 

でも、少しずつわかることも増えてきて、手探りながら楽しんでいます。

今後について

 さて、だらだらとブログを始めた経緯を紹介してきましたが、本ブログの今後について。

 

既にブログの内容を紹介してしまった感がありますが、旅行で行った場所や自分が楽しかった!といったことを共有できればと考えています!(上で言ったことそのまんま)。笑

 

あとは、紹介できるような豆知識とか普段思ったこととか。この分野!といった限定はせずに、紹介できそうなものは何でも紹介していこうかなと現状は考えています。

 

更新の頻度は、もちろん毎日!…が望ましいですが、まだ軌道に乗った段階での状況が読めないので…できるだけ頻度高め!というボヤッとした目標を設定させて頂きます。笑

 

ここまでたどり着いた方!最後まで読んで頂きありがとうございました。笑

そんなこんなで頑張っていきたいと思いますので、改めてよろしくお願いします!

 

ではでは。